こんばんは。ブログライターの稲田です。

本日、ジェーシーエスグループの営業制作部は仕事納めとなります。

今年一年も、ありがとうございました。

 

昨日は、世田谷事務所にて今年1年を振り返っていました。

今年も色々とありましたが、25周年という節目でもあり、新規事業である飲食事業元年でもありました。

今までこの25年間を振り返ることもなく走り続けてきましたが、やりたいこともやる!

元気いっぱいな一年を過ごすことができました。

 

今日 12月28日になりますが、昨年の12月28日に、湘南ワークショツプコミュニティーのメンバーと初顔合わせ懇親会を行いました。

あの時の感想はブログ1日目でもお伝えしましたが、ワークショップのアトリエを持ちたい。

そこで思い切り湘南発ワークショップの情報発信をしたい!その想いが始まった日でした。

あれから1年後に、湘南・茅ヶ崎サザンビーチ北原珈琲を現実に創ることができ、既に飲食サービスは、営業中となりました。

美味しい珈琲に、身体に優しい食べ物、それに目の前が海の景色、、。

そしてこれから本格的に始まる大人の時間・体験であるワークショツプの数々。

株式会社REAL FACTORYの代表取締役・北原加奈絵さんが、これからこの湘南の海が見えるサザンビーチ北原珈琲にて、湘南らしいワークショップをプロデュースしていくことが、本当にワクワクした気持ちで楽しみです。

ここだけの話になりますが、すでに北原社長は、湘南ワークショップコミュニティー2019に向け、今月より始動しています。

サザンビーチ北原珈琲では、連日湘南で活躍されているアーチストさんたちとの打合せの笑い声が聞こえています。

湘南ワークショップコミュニティーの皆さん、どうぞよろしくお願いいたします。

 

さて、本日は、もうひとつお伝えしたいことがあります。

今回、茅ヶ崎サザンビーチ北原珈琲をオープンして以来、私自身が心掛けてきたことがあります。

それは ジェーシーエスグループの代表として続けてきたことでもありますが、現場を知るってことです。

 

今夏のキッチンカーでのサービス、もちろんカフェ店舗展開でもですが。

私自身も売り子をして、ホールにてサービスをする、掃除もする、ってことでした。

 

ただ現場にいるだけでは、本当に大事なことはつかめません。

現場の中に入り、揉まれることが必要だと改めて感じた一年でした。

 

私自身が、ジェーシーエスグループの母体である株式会社ジェーシーエスの設立時には、何もなかったことから始まったわけです。

あるものと言えば、黒電話1回線のみ。

パソコンもない。

筆記用具は、鉛筆がほとんど。

何をするにも夢のようなことでした。

 

当時、ジェーシーエスには親会社の存在があり、その前代表からは、”商いは、無から有を生み出す精神”とのことで。

何もなかったんですね。。。

皆さんにとっては、色々な捉え方があると思いますが。。。

 

ですが、私にとっては、この”無から有を生み出す精神”があったからこそ、ここまでやってこれた気持ちになります。

私は長年、その商いとは、無から有を生み出す精神できましたから、固形物(イベントツール)を購入して、それを売りたいという願望が人一倍強かったかと思います。

その結果、今日に至りますが。

 

最近、納得できないというか、わからないことがありました。

そこで、自分に問いかけます。

「稲田、いったい何がしたいの(・・?」と。

 

そんな悶々とした日々を送っていたときに、一冊の本が目につきました。

その著書は、斉藤ひとり氏の本でした。

そこには、商いとは、、、と書かれており、”無から有を生み出すこと”と、書かれていました。

興味をもって読んでいくうちに、商いとは、お金をかけずして無から有を生み出すこと。

 

無でできるものをたくさんやり続ける。

無とは、お金をかけずできることであり、例えば 掃除をする。笑顔で接する。挨拶する。などのことでした。

 

そこで気づいたことがあったのです。

25年前、私には、何もなかった。

ただあったものと言えば、うるさいくらいの”挨拶”、”元気”、”笑顔”、だけでした。

っていうか それしかできなかった。

 

けど、それだけでここまでやってこれたのかと。

 

カフェの店員さんが、挨拶もなく、元気もなく、笑顔でなく、お店が汚れていたら、2回目に行きたいとは思わないですよね。

営業マンが、挨拶もなく、元気もなく、笑顔でなければ、発注などしたくないですよね。

 

この数年間、私は、お金をかければいいモノができると思っていましたが、確かにいいモノがあれば、それはそれで魅力あるものになります。

ですが、お金をかけず、できることをやり続けることを疎かにしていた自分がいたことに気づきました。

 

2019年1月からは、この無から有を生み出すことから始めます。

ジェーシーエスグループのイベント部の皆さん、この一年間、ありがとう!

サザンビーチ北原珈琲の皆さん、エンジョイ!